三厨建築のリノベーション

三厨建築のリノベーション

リフォームとは

一般的に「リフォーム」とは、老朽化した居住の改築や改装のことを言います。基本的に壊れていたり、汚れていたり、老朽化したりしている部分を直したり、きれいにしたり、新しくしたりすることを指します。
マイナスの状態のものをゼロの状態にに戻すための機能の回復という意味合いとして使われることが多く、例えば、外装の塗り直しや、雨漏りなどの修繕、キッチンやトイレの取り替え、補修、壁紙の張り替えなど、また住宅の床面積を増やす(増築)、耐震性の強化(補強工事など)、オール電化もリフォームに該当します。

リノベーションとは

リノベーションとは、既存の建物に大規模な改修工事を行い、用途や機能を変更して性能を向上させたり付加価値を高めたりすることを言います。
リフォームがマイナスの状態のものをゼロの状態に戻すための機能の回復という意味合いに対して、リノベーションは新たな機能や価値を向上させることで、よりデザイン性の高いものに改良したり、住環境を現代的なスタイルに合わせて間取りや内外装などを変更したりする大規模なものを指すことなどが多いです。


リノベーション外観ビフォー
リノベーション外観アフター
リノベーション内観ビフォー
リノベーション内観アフター

この物件の場合、店舗のリノベーションのご紹介ですが、内外装を新しくしたため、既存客以外にも新客が多く来店いただくことができました。

テーブルやコンロの配置を変えたため、グループからカップルまで対応できるようになり、お客様から好評を頂いております。


リノベーションのメリット

間取りや内装に強いこだわりがあり、自分好みを選びたいという方にはリノベーションがおすすめ!
間仕切りがない広々としたリビングにしたり、キッチンをアイランド型にしたりなど、既存の住まいでは味わえない、自分だけのライフスタイルを演出することができます。

また、予算の都合上、新築住宅や建て替えなら夢で終わってしまうかもしれないマイホーム計画も、リノベーションすれば最大限の予算内で叶えられることが期待できます。

更に、不動産所有者の場合、リノベーションで住宅の商品価値を上げられる可能性が高まります。

リノベーションのデメリット

築年数が古い物件は耐震性に問題がある場合があります。
1981年6月に耐震基準の大幅な見直しが行われたため、それ以前に建築確認を受けているかが1つのポイントで、現在の耐震基準を満たすように性能を上げようと、別途、耐震改修などが必要となり、逆に費用がかかってしまい、せっかくのコストを抑えることができるというメリットを活かせなくなってしまいます。

また、リノベーションの場合には大規模工事が必要になることがあり、コンセプトやイメージに強いこだわりがあると、結果として完成させるために長い時間がかかってしまうことがあります。忙しくて打ち合わせの時間が十分に取れないという方や一刻も早く住み替えたい方には、適切ではありません。

リノベーションでローンを組む場合、住宅ローンは使えず、リフォームローンを利用する必要があります。リフォームローンは住宅ローンよりも金利が高めになる傾向があるため資金面では慎重に計画する必要があります。

三厨建築ロゴ

三厨建築は三重県四日市市を中心に素材と施工技術にこだわり、健康住宅・エコ住宅・省エネ住宅など一般住宅の新築・リフォーム・増改築を行っています。
他にも公共工事・店舗・美容室についても施工を行っています。
地元四日市に根付いた建築屋なので、家づくりに関する事は何でもお気軽にご相談ください!

〒510-0833 三重県四日市市中川原2-2-9
TEL:059-340-3161 / FAX:059-353-6193

■建設業許可 (般-19)第10662号
■営業時間    8:00~17:00
■定休日    毎週日曜日
■事業内容    木造在来工法新築工事、 鉄骨造工事増・改築・修繕などリフォーム工事 外構工事(ウッドデッキ・エクステリア植栽・造園など) 全て自社設計・施工
■施工可能範囲    三重県四日市市、三重郡(菰野町・川越町・朝日町)、桑名市、鈴鹿市の一部地域